40代男性育毛剤おすすめ

40代男性の抜け毛・薄毛の原因はコレ!育毛剤がおすすめ!

MENU
RSS

薄毛の原因は還元酵素

40代男性において薄毛に悩まされている人は多いです。そういった人は育毛剤を使ったりシャンプーを変えたりして対策を行っています。しかし、2chなどにそういった薄毛に悩む40代男性の人の多くは「効果が出ない」「有名なシャンプーにしたのに抜け毛が減らない」などと投稿しています。

 

なぜ40代男性の悩みが改善されないのかと言うと、シャンプーや育毛剤は抜け毛の根本的な部分を解消出来ていないからです。もちろん、それらが全く効果が無いというわけではないですが、根本の部分に対処しないとどうしてもそういった症状が抑えられないのです。

 

その根本の原因とは何なのかですが、それは男性ホルモンを強力な形に変えてしまう5α5αリダクターゼという還元酵素です。男性型脱毛症を抑えるには還元酵素の働きを阻害しなければならないのです。

男性型脱毛症の治療薬

男性型脱毛症の原因は5αリダクターゼという還元酵素ですが「シャンプーや育毛剤を使ってもなかなか効果が出ない」という人は、この根本の原因を何とかする必要があります。男性型脱毛症の治療に使われる薬といえばミノキシジルとフィナステリドです。

 

ミノキシジルは血行促進効果などがあるもので、外用薬として直接頭皮に塗布して使用するものになります。そして、フィナステリドは5αリダクターゼの働きを阻害する効果がある内服薬になっています。

 

5αリダクターゼが根本的な原因になっている訳ですから、その5αリダクターゼの働きを阻害することで今までであれば抜けてしまっていた髪が抜け落ちること無く、太く強く成長していくので結果的に髪が増えるという形です。基本的にはこの様にして治療が行われます。

相乗効果で薄毛の改善

5αリダクターゼの働きを阻害することで「髪の毛が増えた」「抜ける量が減った」と感じる人も多いです。人によっては内服薬だけで見違えるほどに効果があり昔と同じように髪が増えることもあります。

 

しかし、フィナステリドは髪の毛を生やす薬ではないのです。

 

あくまでも5αリダクターゼの働きを阻害して、抜けてしまっていた髪をヘアサイクルを正常にすることで維持するという形です。なので、髪を発毛させるには別のアプローチであるミノキシジルが必要になってくるのです。

 

ミノキシジルは唯一の発毛剤としても知られている成分で、なかなか反応しにくかった所からも発毛を促してくれます。つまり、抜け毛を抑制する内服薬と、発毛を促進する外用薬のそれぞれのアプローチによって相乗効果が期待できるということです。

ただフィナステリド・ミノキシジルには副作用がある

 

ただ難点としてはフィナステリドとミノキシジルには副作用がある点です。どちらも効果は高いけど、精力が落ちたり、倦怠感や動悸が起こったりとリスクがあります。

 

その為最近ではフィナステリドやミノキシジルに変わるような育毛剤が売られてます。

 

特にキャピキシルのフィンジアは評価が高く、5αリダクターゼを抑える成分やミノキシジル以上に効果があると言われる成分も入ってます。副作用のリスクもないのでその点はメリットがあります。

 

40代でこれから薄毛を改善しようと心掛けてるさいにサポートしてくれるかもしれません